水替えと、水質テスト

水槽の水替えをやるのと一緒に、先日から、買う買うと言ってきた「テトラテスト 6 in 1 試験紙」を使ってみた。

テトラ テスト 6 in 1 試験紙

新品価格
¥1,308から
(2013/8/23 時点)

感想を先に言っておくと、簡易に水質を検査するにはアリかな?という感じだ。

40cm水槽の水質

pH(ペーハー)と、NO2(亜硝酸塩)、KH(炭酸塩硬度)、NO3(硝酸塩)、GH(総高度)、Cl2(塩素)の6つの項目が1つの試験紙で把握できるというシロモノで、1秒程度水槽の水に浸けるだけで、ある程度の目安が分かるという感じになっている。お手軽だ。

● 検査できる水質

  1. pH : 魚の種類によって適正なpH値が異なる。
            (測定範囲 : 6.4~8.4)
  2. KH : 炭酸水素イオンの量に対応して変化し、pHに関与。
                          (測定範囲 : 0~20°dH)
  3. GH : 総硬度は水中のCa塩とMg塩の量で変化。
                          (測定範囲 : <3°dH~>16°dH)
  4. NO2- : 亜硝酸塩濃度が高いと魚が中毒死する。
            (測定範囲 : 0~10mg/L)
  5. NO3- : 硝酸塩量が多いとコケが発生しやすくなる。
            (測定範囲 : 0~250mg/L)
  6. Cl2 : 塩素は微量でも魚やろ過バクテリアに有害。
            (測定範囲 : 0~3mg/L)

メーカーの説明ではこんな感じ。

 DSC_0417

試験紙を水に浸けたら、筒に印刷されている色と比較して、それぞれの濃度を把握することが出来る。

DSC_0416

40cm水槽の現状はこんな感じ。

慣れれば、結構手早く水槽内の環境を把握できるだろう。ただ、pHはあまりあてにならないらしいので、別途pH試験紙を買うと良いそうだ。

 

ちなみに、塩素の反応は直ぐに確認し、その他の項目は1分ほど待ってから確認する必要がある。

結果から言うと、どれもセーフ、という感じになっている。ただ、pHはちょっと酸性よりのような感じだ。

 

水替え1/4を実施しておいた。

 

30cm水槽の水質

こちらは写真を取り忘れたのだが、実は亜硝酸塩と硝酸塩の反応が強めに出ていた。

やはり、懸念していた通りザリ夫の食い散らかし等で、水槽内部は汚れやすいようだ。

そんなわけで、ついに彼をリストラしてしまった。

DSC_0419

ロカボーイSよ、さらば!

新たに導入したのはこちら。

水作エイト S

新品価格
¥380から
(2013/8/23 時点)

正直、ロカボーイでも水作エイトでも濾過装置としての能力はそれ程変わらないだろう。

今回のリストラは、単純にカートリッジやフィルタの在庫の統一という、経済的理由によるところが大きい。既に40cm水槽では水作エイトSを使っているので、どちらも実績的には遜色ないと思っている。後は好みの問題だな。

ロカボーイSはかなり茶色に苔生した感じで、バクテリアも沢山住んでいそうな様相ではあったが、フィルタの在庫が尽きたので、今回の交換となったわけだ。

水質懸念から、こちらも水替えをやっておいた。本来なら、フィルタ交換と水替えを同時は不味いとは思うんだが、水質悪化の懸念の方が強かったから、仕方が無かろう。

水草について

40cm水槽の水草が随分生い茂ってきたので、そろそろトリミングしようかと。

あと、金銭的に余裕ができれば、チェリーレッドシュリンプをもう少し入れておきたいなぁ。ミナミヌマエビが増えている様子も無いが、1匹だけでは流石に増えようがないだろうから。

 

今の水槽内の生体

30cm水槽

40cm水槽

ザリガニ : 1匹
ヒメダカ(稚魚) : 10匹
ヒメダカ : 9匹
アカヒレ : 6匹
ミナミヌマエビ : 6匹
チェリーレッドシュリンプ : 1匹
アナカリス : 餌用 アナカリス : 1束
カボンバ : 1束

コメント