スネール増殖は続く

もう勘弁してくれぇ!と言いたくなる状態の40cm水槽。

スネール対策として体格の小さいチェリーバルブを水槽にお招きはしたが、そもそもスネールに喰いつくかもよく分からないし、スネールに興味を示すにしても、増える数のほうが多いので、対策にはならない。

そろそろリセットすべきだろうか?

いやいや、待て待て。

テトラ 総硬度試薬GH(淡水用)

新品価格
¥975から
(2013/9/10 時点)

現状でリセットは得策ではない。リセットするにも環境を整える必要があるからだ。

スネール対策
オトシンクルスを招聘するか?

オトシンクルス 2-3cm 3匹

新品価格
¥660から
(2013/9/10 時点)

コリドラスくんと被るのだが、オトシンクルスやネグロも、スネールの卵を食べるらしい。ただし、飼育はコリドラスよりも難しいらしい。より軟水を好み、割ときれい好きだとか。

コリドラスを増やすか?

黒コリドラス(クロコリ)【生体 名生園】

新品価格
¥198から
(2013/9/11 時点)

  流石に40cm水槽にコリドラス2匹だけでは寂しい。中層、上層を泳ぐ魚は割と居るが、下層を泳ぐのは青コリだけ。

いや、エビが14匹ほど居るが(苦笑

 

そもそも40cm水槽の濁りを何とかすべき

いやいや、生体をこれ以上増やすのは、宜しくない。

40cm水槽内は既に十分に過密な状態にある。ヒメダカ6匹、アカヒレ6匹、チェリーバルブ2匹、青コリ2匹、ミナミヌマエビ13匹、チェリーレッドシュリンプ1匹だ。

そして40cm水槽では未だに若干濁りがある。

 40水槽

スマホで撮影したのと、曇天の下で撮影したので、写りが悪いのもある。が、それにしても黄色っぽくと言うか、白っぽく濁っている。

これ、何が起因してこの状態なのか?か悩ましい。が、一つはフィルタの能力が足りないんじゃないか?という懸念がある。

今使っているのが、水作エイトS。

水作エイト S

新品価格
¥380から
(2013/9/11 時点)

投げ込み式の定番フィルタで、低価格なのが魅力だ。が、水作エイトSで、「40cm以下水槽に適用」って書いてあっても、生体が過密状態であれば、能力的に足りてない可能性も十分にある。

 

スポンジフィルターを追加するか?

テトラ ニューブリラントフィルター

新品価格
¥945から
(2013/9/11 時点)

この手のフィルタはそこそこ能力が高い物の、存在感も結構あるんだよな。

コストパフォーマンス的にはありだ。

が、既に水作エイトSを導入している上にこれを追加するか?と言われるとちょっと迷うな。 

フィルタメンテナンスを頻繁にする必要があるわけで。

テトラ ツインブリラント フィルター

新品価格
¥1,180から
(2013/9/11 時点)

ツインタイプにすると、片側ずつメンテナンスできるので優れているとか、なんとか。

 

或いはやっぱり外部フィルタを導入するか?

スドー 外部式フィルター スターペット エデニックシェルトV3 淡水・海水両用 S-295

新品価格
¥4,680から
(2013/9/11 時点)

最近気になっているのがこれ。

とはいえ、それ程お安くも無いので、導入してダメだったという事態になってしまえば、立ち直れない(苦笑

もうちょっと慎重に考えるかな?

 

水質については、定期的にチェックしているが今のところ問題無いような感じだ。

そうそう、今朝も40cm水槽水換え1/4と底面掃除。30cm水槽水換え1/3を行って来た。30cm水槽は汚れが酷いな。水換え頻度を落とせない。

今の水槽内の生体

30cm水槽

40cm水槽

ザリガニ : 1匹
ヒメダカ(稚魚) : 9匹
ヒメダカ : 6匹
アカヒレ : 6匹
ミナミヌマエビ : 13匹
チェリーレッドシュリンプ : 1匹
チェリーバルブ : 2匹
コリドラス・バレアトゥス : 2匹
アナカリス : 餌用 アナカリス : 1束
カボンバ : 1束
ウィローモス 

コメント