チェリーバルブはスネイル対策に有効か?

我が家の不人気、チェリーバルブ君だが、最近はちょっと見直されてきたみたい(笑
新品価格
¥150から
(2013/9/30 時点)
見直された理由は色々あると思うんだけど……、もしかしてこいつ、スネイル対策に有効じゃないか?と、思われ始めたからだろうね。
チェリーバルブとスネイル
本当にチェリーバルブがスネイルを食べるのか?というのは未だに確証が持てない。
だって、ある程度成長したスネイルを食べることは無さそうだし、スネイルの殻も苦手な模様。
潰したスネイルは喜んで食べる
でも、潰したスネイルは喜んで食べている。
現状、箸やピンセットを使ってスネイルをひねり潰す、と言う地道な作業をしているわけなんだけど、これを喜んで食べるのが、チェリーバルブだ。
まず、真っ先に駆けつける(笑
で、スネイルの身体を食いちぎるようにして食べていく。
同じようにスネイルに興味を示すのがアカヒレだが、アカヒレはそれ程貪欲には食べてくれない。
意外だったのが、青コリ君もかなりスネイルが好きだってことだ。青コリ君が登場すると、チェリーバルブは体格差からか、すごすごと引き下がる。そこからは、青コリ君が飽きるまでつつき回される。
あ、あと、ミナミヌマエビもかなり好きらしく、みんなが食べ残した残骸を漁っている様子がよく目撃される。

で、その結果なんだけど……。

減ってきたスネイル
チェリーバルブ投入から3週間にして、スネイルの数が減ってきた模様。

水換えをすると、大量にスネイルを吸い込んだ時期があったが、今は殆どスネイルを吸い込むことも無い。でも、まだガラスの表面にくっついているのは見かけるので、絶滅、とまでは行っていない。
水草にぶら下がっているものも含めると、まだ2~30匹はスネイルが跋扈していると思う。

どうやら、チェリーバルブが標的にしているのは、スネイルの卵か、幼生体のようだ。

チェリーバルブを投入して2週間あまりは、「本当にコイツ、役に立つのか?」くらいの疑念を抱いていたが、随分地位は向上した様な(笑

チェリーバルブはスネイル対策に有効か?
決してチェリーバルブを投入したら、即日スネイル消滅!みたいな凶悪な効果は無い。
寧ろ、コイツ、本当にスネイル対策に効果あるのか?位の勢いであることは確かだ。

だが、投入から3週間目で、何となく効果が現れてきたような気がする。
もう少し観察しないとハッキリしたことは言えないのだが、少なくとも潰したスネールを貪り食う位には、興味を示してくれていることを考えると、少なからず効果はあるのだろう。
40cm水槽に2匹、という数は、スネイル対策を謳うには少々少ないようにも思えるが、ある程度効果は期待出来るのでは?というのが、現状だね。
また、その後の状況を報告していきたい。
今の水槽内の生体
30cm水槽
40cm水槽
ザリガニ : 1匹
ヒメダカ(稚魚) : 9匹
ヒメダカ : 6匹
アカヒレ : 6匹
ミナミヌマエビ : 13匹?
チェリーレッドシュリンプ : 1匹?
チェリーバルブ : 2匹
コリドラス・バレアトゥス : 2匹
アナカリス : 餌用 アナカリス : 1束
カボンバ : 1束
ウィローモス 

コメント