今後の方針について考えてみる

アクアリウムを初めてから色々とアクアリウム関連のブログなどを読むようになったのだが、長く続けている人もいればすぐに辞めてしまった人も居る。
すげー面白い記事を書いている人が、途中で「止めます」という感じで更新をしなくなってしまったのを見ると、残念と思う反面、僕もそうなる可能性はあるなぁと。
新品価格
¥1,260から
(2013/9/5 時点)
僕はアクアリウムをはじめるときは、なーんにも考えてなかった。割と今もそんな感じだ。でも、ある程度着地点は決めておかなければならないだろうし、方針を決めておいたほうが、進む方向を見失わなくて良い。
そんなこんなで、今後の方針について考えてみることにした。
始めた動機
始まりのザリガニ」で触れたが、きっかけは息子がとってきた1匹のザリガニだった。
取り敢えずザリガニが買えたら良い、ってことで始めたので、安物キットで始めたし、そこで終わるつもりだった。
でも、ヒメダカが増え、アカヒレが増え、ミナミヌマエビが増え、段々面白くなってしまった。家族たちも結構水槽を覗き込んでいるし、反応も悪くはない。
そうなってくると、色々欲も出てくる訳で。
現状と問題
30cm水槽の現状
メインがザリガニで、今は稚ヒメダカがすくすく育っているが、これ以上手を加えるつもりのない、放置状態の水槽である。
とはいえ、水換えは3日に1度やってるし、餌だって与えては居る。が、水草を入れれば、ザリ夫がガリガリ齧って食べてしまうし、ミズノ汚れは酷いし、他の魚を入れるだけの余裕もない。
正直、ザリ夫が居座っている限り、これ以上発展させる余地が無いと、そう思えるのがこの水槽だ。水の汚れは水換えを頻繁に行うことで維持はしているが、ろ過能力を強化するにも限界がある。
水槽の水の量が12Lというのが、多くの問題を引き起こしているように思える。 でも、不思議なことにスネールの被害にはあっていないんだよね。そもそもスネールを招く水草が無いせいだとは思うけど、数匹は居たのに増える様子がないどころか、どこかに行ってしまった。ザリガニに齧られたか?
 
40cm水槽の現状
スネール大発生中の40cm水槽は、スネールが居なければかなり平和な水槽だと言える。
とはいえ、水の濁りは未だに対策が打てていない。生体がたくさんいる手前、リセットというのもちょっとなぁという感じだ。そういえば、先週、ソイルを入れたら濁った状況は余り変わらないが、色は若干白っぽくなった気がする。茶色っぽい感じから、黄色っぽい感じになったというか、白っぽい感じになったというか。
新品価格
¥980から
(2013/9/5 時点)

次なる一手は、このブラックホールを試すことだろう。 濁りの原因が流木由来のものであれば、このブラックホールは効果があるはずだ。
後は、スネール対策で生体兵器投入ということになるわけだが、正直こちらの方はかなり効果が疑問だ。とはいえ、増え続けるスネールの前に無策では、気持ちの悪い水槽のまま。
鑑賞に耐える状況でもない。
今後の方針
以上のことを踏まえて、今後の方針を考えてみたい。
水槽は増やせない
正直、現状は2つの水槽を維持するだけでいっぱいいっぱいである。これ以上となると、とても手が足りないし時間も作れない。
だから、やるとしても予備水槽的な位置づけのものを用意するくらいが関の山だろう。
お金もかけられない
今でも十分貧乏水槽なのだが、そろそろ1万円くらいは投資してきた気がする。
問題は、僕のお小遣いの範囲ではそうそう設備増強は出来ないし、生体を増やすのも難しい。
設備の充実
しかし、それでもやっておきたいことは幾つかある。
  • 照明器具を購入
  • 濾過力を上げるために、上部フィルタ導入か、外部フィルタの導入
  • 水槽の台を用意する
  • ヒーターの導入
とまあ、こんなところだ。
お金がかけられない、という方針と矛盾するところではあるが、高価な生体を買ったり、高価な機材を用意したり、という辺りは無理にせよ、ヒーターや照明器具は最低ラインだと思うので、その辺りはなんとか揃えたいのである。
水槽の水量を増やすか?
正直、30cm水槽と40cm水槽、どちらが維持しやすかといえば、圧倒的に40cm水槽のように思える。
無論、飼っている生体が水を汚しやすいとか、水草類を植えられないとか、悪条件の多い30cm水槽の現状を40cm水槽と比べるべきではないのかもしれない。が、ザリガニも狭そうに動いているし、30cm水槽では狭すぎる気がする。
そして、機材購入を阻んでいる要因の1つとして規格外水槽だというのがある。
せめて45cmじゃないとorz
60cm水槽のアイテムはいっぱいあるのだが、45cmとなるとかなり減ってくる。40cmともなると絶望的なのである。今後維持するにしても、40cm水槽ではちょっと心許ないような……。或いは60cmスリム水槽にするか?それとも30cmキューブ水槽にするか?条件としては、現状40cm水槽の23Lよりも水量を多くするのが目標で、かといって60cm規格水槽の60Lはちょっと荷が重い。30cmキューブでも背の高い奴は結構水量が入るしね。

いずれにせよ、30L付近が良いかな~と。

で、40cm水槽をザリガニ用に、メイン水槽を水草を増やしつつ熱帯魚系に手を出したいなぁと、考える次第。30cm水槽は、育成用に使うか、薬浴用に使うか、とにかくバックアップに回す所存。
……欲張り過ぎかもしれないが。

お金をかけずに
やはり、コンセプトはお金をかけず、維持も楽にするって辺りなのだろう。
45cm水槽を導入したら楽になるのか?というと、ちょっと疑問に思う部分も多いな。もうちょっと、考えてみるか。

今の水槽内の生体
30cm水槽
40cm水槽
ザリガニ : 1匹
ヒメダカ(稚魚) : 9匹
ヒメダカ : 6匹
アカヒレ : 6匹
ミナミヌマエビ : 13匹
チェリーレッドシュリンプ : 1匹
アナカリス : 餌用 アナカリス : 1束
カボンバ : 1束
ウィローモス 





















コメント