40cm水槽のリセットを考える

40cm水槽、現状でそれ程状態が悪いわけでも無いが、スネイルの増殖っぷりにウンザリ。

もー、無理。スネイルの駆除もちょっと限界を感じてるし、あっちこっちにスネイルの卵だらけorz

450M 観賞魚 TB5点

新品価格
¥4,946から
(2013/11/15 時点)

スネイル対策には、チェリーバルブやアベニーパファー達も一応は貢献してくれてはいると思うんだけど、如何せん数が多い。ここ1週間ばかり特に酷くなってきている気がする。

今後の方針

まあ、これ2回にわたって妄想を垂れ流しているので、軽くおさらいしておこう。

今後の方針について考えてみる
やっぱり新規水槽を立ち上げたい

何れでも触れているのは、以下の流れだ。

  • 45cm水槽を1本立ち上げること。
  • 40cm水槽の生体を45cm水槽に移動させること。
  • 30cm水槽の生体を40cm水槽に移動させること。
  • 30cm水槽は廃止。

で、濾過方式は40cm水槽はそのまま継続だが、新たに立ち上げる45cm水槽に関しては外部式を検討している。

エーハイム クラシックフィルター2211 ろ材付セット

新品価格
¥4,800から
(2013/11/15 時点)

第1候補はエーハイム2211。サイズ的にこれくらいが丁度良さそうである。これに加えて補助的にスポンジフィルターを導入する予定。

濾過たりてる? スポンジフィルター XY-2820R ブリラント タイプ レッドビーシュリンプ ディスカス グッピー 用 30~45cm 水槽 適応 サテライト 対応!

新品価格
¥1,050から
(2013/11/15 時点)

底材とか水草に関しては別途触れるつもりだけど、基本は変えないと思う。

 

その前に水槽台を

だがしかし、その前にどうしても水槽台を用意しなければならない。

台3

現在こんな感じの水槽台を計画中だが、外部フィルター導入する場合は、下段の下に物入れを作る事と、下段奥に上段の水槽用の外部フィルターを置くスペースを用意する必要がある。

すると、奥行きは400mmに変更。

高さはこれ以上高くするわけにも行くまい。

今のところ、この水槽台の側面に配電板を用意する予定にしているのだが、その辺りのアイデアがイマイチ(涙

コメント