いい加減、水槽台を考えなければ

我が家の水槽は、未だに仮置き状態である。
元々、置き場所が少ないレイアウトの構造になっているのが、そもそもネック。
新品価格
¥2,980から
(2013/11/1 時点)

この程度の2段の台が良いんだけど……、どうしたモノかな?だって、下段に水槽置いたら、水槽の水換えやりにくそうだぜ。
水槽台に求めるもの
市販の水槽台
GEX辺りは割と安く水槽台を出しているが、2段置きのシロモノは意外にモノが宜しくないようで。
新品価格
¥2,980から
(2013/11/1 時点)

この水槽台の場合、耐荷重は200kgで各段100kgずつと、頑丈な構造にはなっている。 60cm水槽で60kg超になることを考えれば、余裕を持った設計だと言える。
だがしかーし、下段は高さが560mm以上になると入らないらしく、60cm水槽の標準的な高さ360mmに上部フィルターの高さが200mmを超えるようだと、下段には入らない。
もちろん、外部フィルターのような水槽の水面より下に置く必要のある機材を置くにはしょうしょう構造的に問題が多いようだ。

そして、水換えの作業にもやっぱりちょっと難があるようで。だって、下段に置いて水換えをしようとすると、

新品価格
¥1,932から
(2013/11/1 時点)
ニッソーの似たようなラインナップには、筋交いが入っていて、こっちはぐらぐらしにくいように思う。が、高さは650mmとGEXの製品とほぼ変わらない。つまり、高さも似たような感じになっていると言うわけだ。
2段水槽台に求める要件
下段に45cm水槽が置けること
まずは45cm水槽が置けることが条件だ。
これだけなら、市販製品でも問題無い。
新品価格
¥4,372から
(2013/11/1 時点)

一般的な45cm水槽の高さは、320mm程度だからだ。
新品価格
¥4,200から
(2013/11/1 時点)

ここに、ライトを設置する場合は、たとえばコイツならば+46mmで、ライトが回転する分を考えると更に30mm程欲しい所。
だから、400mm程度あれば問題無いことになり、上部濾過装置は使う予定が無いので、560mmあれば高さ的には大丈夫だろう。
下段の更に下
問題は、その下のスペースが欲しいので、こっちは高さが最低400mm程度は確保したい。エーハイムの2213の高さが354mmだからだ。
新品価格
¥4,800から
(2013/11/1 時点)
新品価格
¥4,680から
(2013/11/1 時点)

この辺りであれば、300mmもあれば収まるかな?取り回しを考えないと収まらないかも知れないが。

そういうことを考えている商品って無いんだよねぇ。
上段の高さ
一方、上段の方はどうかというと、45cm水槽の高さが320mmあることを考えれば、900mm以上にするのはちと厳しい。

高くなりすぎるとこちらも水換えが面倒になる。
水を抜く際にはバケツの高さは水槽より低く、水を入れる際には水槽より高く、が良いからだ。
560mm+300mmで860mmになるので、ここいらで手を打たないと、という状況だな。
メンテナンス性を考えれば、下段が移動できるパターンも捨てがたい。

やっぱり、自作するかなぁ。
今の水槽内の生体
30cm水槽
40cm水槽
ザリガニ : 1匹
ヒメダカ(稚魚) : 6匹
ヒメダカ : 6匹
アカヒレ : 6匹
ミナミヌマエビ : 30?匹
チェリーレッドシュリンプ : 1匹
チェリーバルブ : 2匹
コリドラス・バレアトゥス : 2匹
アナカリス : 餌用 アナカリス : 1束
カボンバ : 1束
ウィローモス 

 











コメント