水槽台を再検討する

すっかり何処かに行ってしまった水槽台の話。

こんな感じの立派なヤツを用意するという話には憧れるんだけれど、実際には二段置きにしたいし、色々都合もあってオリジナルのものを作る様な感じで考えているって話は前にした。

でも、なかなか重い腰が(苦笑


正直、設計段階で頓挫していたのだ。

こんな感じでコンセプト辺りまでは考えてたんだけど、あえなく頓挫したのが去年の11月。

まあ、頓挫した理由は色々あるんだけど、一番問題だったのは、新しい水槽の濾過方法をどうするか決めかねていたというのが大きいのかな。

とはいえ、やっぱり一番有力候補は外部濾過のエーハイムである。

エーハイム クラシックフィルター2211 ろ材付セット

新品価格
¥5,599から
(2014/5/29時点)

ところが、水量を多くしてやると、2211クラスでは少々物足りない。これより一回り大きくすると、相当大きなシロモノになってしまって、下段に水槽というのが現実的では無くなってしまう。

設置スペース的に、その辺りを何とかしたいとは思っていた。

エーハイム エココンフォート 2234

新品価格
¥7,455から
(2014/5/29時点)

設置スペースが許せば、エココンフォートが使いたかったんだけど、直径が206mmもある事に気がつき、断念。当然、同等の径になっている2213も現実的では無い。

 

どーして、外部濾過装置はこんなにばかでかいんだ~!と、文句を言いたくなる。

しかし、性能を出すためにはある程度仕方が無いのだろう。その辺りは諦めるしか、別の商品を使うしかない。

底面濾過は割と気になってはいるのだが、コリドラス用に底材に田砂を使いたいのでパス。相性が悪すぎる。

上部濾過は、上段の水槽が高い位置に来るので、ちょっと遠慮したいところ。まあ、そうは言っても水槽のトップまで1mちょっとなので、無理じゃ無いんだが……。

 

その辺りの方針を迷っているのはあるが、一応レイアウトをちょっと変更したのでお披露目。

新レイアウト

まだ、構造的に迷っている部分があるけれど、これで一度作ってみようかな?

今の水槽内の生体

30cm水槽

40cm水槽

ザリガニ : 1匹
ヒメダカ(稚魚) : 5匹
ミナミヌマエビ? : 3匹
ヒメダカ : 4匹
アカヒレ : 6匹
ミナミヌマエビ : 沢山
チェリーバルブ : 2匹
コリドラス・バレアトゥス : 2匹
オトシンクルス : 2匹
アベニー・パファー : 2匹
アナカリス : 餌用 アナカリス : 1束
カボンバ : 1束
ウィローモス 

コメント