60cm水槽を眺めながら、水草候補を考える

いやあの、思ったよりもでっかいねorz

60cm水槽は、店では見慣れているけれども、実際、家に運ばれてくるとその大きさを実感する。

まあそりゃ、水が60L入るわけですから?60kgの重量物となるのは必然。

つまり、それなりの大きさになるわけさ。でも、でかい(苦笑

水槽に何を植えるか?

実際の所、僕は水草水槽をやるところまで思い切れない。

もっと言えば、二酸化炭素の添加をやる辺りに抵抗がある。

そうは言っても、ヒーター導入を渋っていたくせに、さっさとヒーターも導入してしまった経緯があるので、その内には手を出すかも知れないが、現状ではそこまで思い切る予定はない。

だとすると、陰性の水草中心、というのが答えになる。

購入した水槽

お一人様1点限り エーハイムグラス水槽 EJ-60(60×30×36cm)60cm水槽(単体) 関東当日便

価格:2,397円
(2014/7/3時点)

手に入れたのはエーハイムの60cm水槽。

それ程透明度などを気にするわけで無し、手ごろな価格でそこそこの実績があれば手を出さないという理由はない。

そして、今回はフレームレスを選択。

 

フレームはあっても良かったのだが、フレームレス水槽も使ってみたかったし、安かったし、と、その程度の理由だ。

買ったのはこちらのお店。

チャーム本店

まあ、有名っすね。

サイトが見易いのがありがたいのと、品物によってはかなり安い。お届けも早いしね。

 

肝心の水草は?

じゃあ、水草はどうするのか?というと、コンセプトとしてなるべく手のかからない初心者用を、というのが現状の望みなんだ。

(水草)アマゾンソードブロードリーフ(無農薬)(2株)

価格:462円
(2014/7/3時点)

そんなワタシにアマゾンソードである。

育成難易度が低く、適用温度も20℃~30℃と広いのが嬉しい。二酸化炭素添加はあった方がいいみたいな説明をするサイトが多い。

適用水質も弱酸性から弱アルカリ性と、幅広い。軟水から弱硬水まで耐えるというのだから、ありがたい話だ。光量は多い方が良いようだね。

中景レイアウトに使うのが良いとか。

 

ちなみに、市販ものは水上葉(水の外で育てたもの)が殆どらしく、買ってから水槽の中に付けておくと、水上葉は枯れてしまうらしい。

まあ、外気に適応した葉っぱだから、水中には適さないんだろうね。

あと、かなり根っこを張る水草で、根っこから養分を吸収するタイプとのことなので、大磯を使うなら、中にイニシャルスティック辺りをぶち込んでおいた方が良いようだ。

テトラ イニシャルスティック 300g 関東当日便

価格:1,039円
(2014/7/3 18:11時点)

長くなりそうなので、続くぜ!

今の水槽内の生体

30cm水槽

40cm水槽

ザリガニ : 1匹
ヒメダカ(稚魚) : 4匹
ミナミヌマエビ? : 3匹
アカヒレ : 6匹
ミナミヌマエビ : 4匹
チェリーバルブ : 2匹
コリドラス・バレアトゥス : 2匹
オトシンクルス : 1匹
アベニー・パファー : 2匹
ネオンテトラ : 7匹
アナカリス : 餌用 アナカリス : 1束
カボンバ : 1束
ウィローモス 

コメント