60cm水槽内の状況

さて、個人的な理由から40cm水槽から60cm水槽への引っ越しを敢行してしまったわけだが、60cm水槽が順調に立ち上がってくれたか?というと、若干不安が。

何故かというと、水中の亜硝酸塩と硝酸塩のレベルが高くなってきているからだ。
60cm水槽を立ち上げ
<立ち上げ初日>
立ち上げは8月12日で、最初は水草だけを入れて外部濾過での循環を行っていた。
新品価格
¥7,832から
(2014/8/25時点)
濾過器は、エーハイムのクラシック2213という定番中の定番。
60cm水槽には若干大きいサイズなので、シャワーホース(濾過吐出口)から出る水の勢いは強め。
水音は結構気になるレベルかな。

<立ち上げ3日目>
立ち上げてから3日目で、アカヒレを2匹投入。
パイロットフィッシュ的な役割を果たして貰う為に、水槽内に入れたんだけど、どちらかというと、寧ろ何も泳いでいない水槽に耐えられなくなったという側面が強いかも?(苦笑

アカヒレは、水の勢いが強すぎるのか、水面近くをうろうろしていた。

<立ち上げ5日目>
追加でアカヒレを1匹投入。
新品価格
¥1,268から
(2014/8/25時点)
我が家で使っている試験紙は、テトラの6 in 1だ。
お手軽ではあるが、検出精度はイマイチだとの評価。簡易に評価するならばこの手のタイプで十分だが。

<立ち上げから6日目>
タモロコとチェリーレッドシュリンプを投入。
タモロコさんは30cm水槽に居たんだけれども、どうにも狭そうで、妻から「可哀想」という指摘が出ていたので、試しに移動。
レッドチェリーシュリンプは、水槽用のライトを買ったついでに導入。
新品価格
¥5,509から
(2014/8/25時点)
水槽のライトは、以前は自作をしようか?等と考えていたんだけども、資金的な余裕が無くなったので、手っ取り早く購入。
流石に薄くて明るい。
水草育成には1つだけでは物足りなさそうだが、魚を鑑賞するだけならば、十分である。
試験紙チェックで、亜硝酸塩、硝酸塩ともに検出限界以下。

<立ち上げから7日目>
朝起きて、チェリーレッドシュリンプが1匹もいなくなっていたことに気がつく。
タモロコに食べられたっぽい(涙)
取り敢えず、40cm水槽からネオンテトラを2匹連れてくる。こちらも慣らしの為に必要だと考えたからだ。

ところが、夕刻になって妻から「テトラさんも食べられた!」と電話が(驚
この一件で、タモロコさんは川にお帰りになることが決定した。

水音が気になるので、シャワーパイプは水没させることにする。
溶存酸素の量が心配になるので、エアストーンを追加。
新品価格
¥284から
(2014/8/25 14:59時点)

<立ち上げから8日目>
タモロコさんを3匹捕獲して川に放流した後で、岩陰からテトラさんがひょっこりお帰りに。
タモロコさん、濡れ衣である。
でも、エビを食べたのは事実っぽい。

<立ち上げから9日目>
アンモニア、亜硝酸ともに検出限界以下。
そろそろ60cm水槽にもう少し生体を移動すべきだと考えた。アンモニアの量が少ないこと自体は悪いことでは無いが、バクテリアを増やすためには、もう少し量が多い必要があると思ったからだ。
それで、アカヒレとネオンテトラを全部移動させるにいたる。
40cm水槽の維持が限界に近づいていたという理由もあった。

<立ち上げから11日目>
ネオンテトラさんやアカヒレさんは、元気に泳ぎ回っており問題もなさそうな感じである。
亜硝酸塩、硝酸塩ともに検出限界以下。
まだ、いけるかなぁ?
オトシンクルスとアベニーパファーも移動。

<立ち上げから12日目>
40cm水槽から、コリドラスを移動して、40cm水槽は破棄することに。
ところが、この辺りで問題発生。
亜硝酸塩と硝酸塩の濃度が急に上がりだしたのである。

現状、60cm水槽内に居るのは以下の通り。
  • アカヒレ 6匹
  • ネオンテトラ 7匹
  • オトシンクルス 1匹
  • アベニーパファー 2匹
  • コリドラス 2匹
  • チェリーバルブ 2匹
  • チェリーレッドシュリンプ 1匹
  • ミナミヌマエビ 1匹
エビはカウントしないことにして、総勢20匹が水槽内に居ることになる。小型の魚ばかりとは言え、立ち上げ時の目安よりはかなり多い。
3L で1匹程度という通常飼育する目安より少し多めという感じになってしまった。
取り合えず1回目の水替えを実施。

<立ち上げから13日目>
注文していた魚が到着してしまう。
亜硝酸塩と硝酸塩の値が上昇し始めた段階でだけに、少々心配。
  • オトシンクルス 3匹
  • ゼブラオトシン 1匹
  • チェリーレッドシュリンプ 18匹
以上を追加する。
完全に悪手だが、避難させて置く訳にも行かない。まだまだいけるだろう?と思っていたのが間違いだった模様。
亜硝酸塩、硝酸塩は危険レベルに達する。

<立ち上げから14日目>
本日も、1/3水替えを実施。
試験紙
これ、水替え前の試験紙の様子だが、完全に亜硝酸塩と硝酸塩は危険水域である。

原因として考えられるのは、アベニーパファー君のお食事である冷凍赤虫の量が多かったことかなぁ?
新品価格
¥1,339から
(2014/8/25時点)
まだまだいけるだろう、というのはやはり問題があったようだ。
暫くは水替えを頻繁にやっておきたい。
それで安定してくれれば良いんだけど……。
 
今の水槽内の生体
水槽
魚類
水草類
30cm水槽
ザリガニ : 1匹
ヒメダカ(稚魚) : 2匹
ミナミヌマエビ? : 1匹
アナカリス
40cm水槽
破棄
破棄
60cm水槽
アカヒレ :6匹
ミナミヌマエビ :1匹
チェリーレッドシュリンプ :17匹
チェリーバルブ :2匹
コリドラス・バレアトゥス :2匹
オトシンクルス : 4匹
ゼブラオトシン: 1匹
アベニー・パファー : 2匹
ネオンテトラ : 7匹
アヌアビス・ナナ
アマゾンソード
ハイグロフィラ・ポリスペルマ







コメント