60cm水槽、水質は安定してきた模様

さてさて、立ち上げ中の60cm水槽だけれども、随分安定してきた模様。

先日までは、亜硝酸がー、とか騒いでいたが、何とか落ち着いたらしい。

60cm水槽の亜硝酸塩、硝酸塩の推移

取り敢えず、どんな感じだったかを紹介しよう。

image

「テトラ 6 in 1」の信頼性が何処まであるのか?という辺りは少々疑問だが、律儀に毎日計測した結果がこんな感じ。

テトラ (Tetra) テスト 6 in 1 試験紙

新品価格
¥1,420から
(2014/9/1時点)

水替えは1/6水替えを8日目に。

1/3水替えを12日目と、14日目に。

現時点で20日程経過しているが、14日目をピークにして亜硝酸塩も硝酸塩も綺麗さっぱりである。

正直、試験紙のお手軽さは管理をマメにする上では非常にありがたい。

 

硝酸塩が綺麗さっぱり消えて無くなった理由はよく分からない。

1.そもそもテトラ6 in 1の信頼性に問題がある(しかし、グラフに傾向が出ている以上は説明が付かない)

2.水槽内の水草が 硝酸塩を消費した(しかし、水草はアヌアビス・ナナ3株とアマゾンソード1株、そしてハイグロフィラ・ポリスペルマ1株である。グラフの様な速度で硝酸塩を消費するとは思えない)

3.エーハイムの威力(亜硝酸はともかく硝酸塩の消費は、微生物には難しい)

 

……説明が付かない!

 

現状は割と平穏

説明は付かないモノの、落ち着いた感じはする。

結局、飛び出したチェリーレッドシュリンプ1匹以外は、新規に導入した生態を含めて今のところ一匹も脱落者がいない。

 

ただ、少々気になるのは、アベニーパファー君がかなり攻撃的になってきていること。

それも、何故かコリドラスを攻撃しているorz

 

何故だ-!

案外、産卵した後の卵を……、いやいや、そんなことは無いか。

サテライト L

新品価格
¥1,250から
(2014/9/1時点)

場合によっては、こういったサテライトを導入する必要があるかも知れない。

今の水槽内の生体

水槽

魚類

水草類

30cm水槽

ザリガニ : 1匹
ヒメダカ(稚魚) : 2匹
ミナミヌマエビ? : 1匹

アナカリス

40cm水槽

破棄

破棄

60cm水槽

アカヒレ :6匹
ミナミヌマエビ :1匹
チェリーレッドシュリンプ :17匹
チェリーバルブ :2匹
コリドラス・バレアトゥス :2匹
オトシンクルス : 4匹
ゼブラオトシン: 1匹
アベニー・パファー : 2匹
ネオンテトラ : 7匹

アヌアビス・ナナ
アマゾンソード
ハイグロフィラ・ポリスペルマ

コメント