最近安定しているので60cm水槽の水草について紹介

まあ、水槽も安定してくると放置気味になる訳で。

逆に、放置気味にならないと下手に手を加えてしまうと言う悪循環が(苦笑)いや、放置しすぎると問題なんですが。

うん、まあ、放置してるね(汗

まずは近況

えー、こんな感じかな。

;水槽

水の透明度はそこそこ。

2ヶ月も経過すると、アチラコチラに苔なんかがチラホラ。これでも水槽の中の養分は多くないらしく、苔の大量発生という事態は迎えなかった。

ただ、石の表面なんかはほんのり緑になってきている模様。

ハイグロフィラ・ポリスペルマ

じゃあ、最初にパイロットプランツ的な位置づけで導入したハイグロフィラ・ポリスペルマについて。

今のところ、水草の中ではこれが一番元気。

ハイグロフィラ・ポリスペルマ 1ポット

新品価格
¥280から
(2014/9/30時点)

伸び放題なので、週1くらいでカットしている。

立ち上げから1ヶ月の60cm水槽の現状

こちらの記事にも書いたのだが、根の張り具合は凄くって、今や引っこ抜こうとすると、下に敷いてある大磯砂がごっそり付いてくる有り様。

分量も、最初は1ポット分だったけど、今では3ポット分になっていて、これ以上増やす予定が無いので、先週からはカットしたのは廃棄の方向だ。

水上葉化してもいいんだけど、今はなぁ。適当な容器が無いので水上葉化計画は先延ばしである。

 

オーストラリアン・ノチドメ(別名 オークロ)

別名は他にも、オーストラリアンウォータークローバー、オーストラリアドワーフヒドロコティレ等々。

で、爆殖だと噂のオークロさんだが、我が家の60cm水槽ではひょろりひょろりと上に伸びるだけである。

(水草)オーストラリアン ノチドメ(無農薬)(1パック)

価格:689円
(2014/9/30 15:56時点)

原因は色々あろうが、一番の原因は光量不足だろう。

コトブキ kotobuki フラットLED 600 60cm水槽用照明・ライト 関東当日便

価格:5,894円
(2014/9/30時点)

CO2も好きらしいのだが、一番は肥料が問題なのかも。要検証なのだろうけど、何から初めて良いかよく分からない。

ふわっと浮いた感じの葉っぱは、魅力的ではあるんだけど。

 

アマゾンソード

無事なのか、イマイチなのかがよく分からないのがアマゾンソードである。

水草 生体 アマゾンソード ポット入り 【ネットファームジャパン】

新品価格
¥378から
(2014/9/30時点)

育成難易度は「容易」ということらしいんだけど、何だか育っているのやら育っていないのやらよく分からない。

根っこの処理をミスしたのかな?根からの栄養吸収傾向が強いらしいので、イニシャルスティックを埋め込んでやった方が良いのかも。

テトラ (Tetra) イニシャルスティック

新品価格
¥895から
(2014/9/30時点)

……前にもこんな事書いたね(汗

実は、このイニシャルスティックの投入を躊躇しているんだよねー、現状では。

アマゾンソードは元気になってくると60cm水槽内では持て余すほど大きくなるとか。

今はそこそこの大きさで、可も無く不可も無く、という感じになっている。そして、その葉の上にはオトシンクルスが良く乗っている。

つまり、悪化しないうちは積極的には手を加えたくないというのが本音。

水草水槽にするならば、ソイル使うのが良いみたいなんだけど、流石にねぇ。

アヌアビス・ナナ

  こちらも代わり映えのしない状況。

アヌビアスナナ

価格:605円
(2014/9/30時点)

  深い緑色の葉っぱはなかなか素敵なのだが、全く大きくなっていない模様。

……報告することが無いレベルで、代わり映えがしない(苦笑

 

こんな感じだろうか。

 

これ以上水草は増やす予定でも無いし、レイアウトとしてどうしようかという構想も無い。

欲をいえば、オークロがもうちょっともさもさと繁ってきてくれると嬉しいんだけど、その辺りはどうしたものか。

本当に肥料を入れてみるか……?

今の水槽内の生体

水槽

魚類

水草類

30cm水槽

ザリガニ : 1匹
ヒメダカ(稚魚) : 2匹
ミナミヌマエビ? : 1匹

アナカリス

40cm水槽

破棄

破棄

60cm水槽

アカヒレ: 6匹
ミナミヌマエビ: 1匹
チェリーレッドシュリンプ: 2匹
ヤマトヌマエビ: 10匹
チェリーバルブ: 2匹
コリドラス・バレアトゥス : 2匹
コリドラス・パンダ: 3匹
クーリーローチ: 3匹
オトシンクルス: 4匹
ゼブラオトシン: 1匹
アベニー・パファー: 2匹
ネオンテトラ: 7匹

アヌアビス・ナナ
アマゾンソード
ハイグロフィラ・ポリスペルマ
オーストラリアン・ノチドメ

 

コメント