オークロさんの調子が上がらない

オーストラリア・ドワーフヒドロコティレとか、オーストラリアン・ウォータークローバーとか、オーストラリアン・ノチドメとか色々な名前で呼ばれるオークロさん。

我が家の60cm水槽では未だに調子が上がらない。

環境に適合すれば、爆殖!って話なんだけど、葉っぱに苔が生える始末で、どうにも調子が悪い。

オークロの推奨環境

オークロは、比較的簡単に育つ部類の水草だと言われており、推奨環境はこんな感じ。

  • 水質:弱酸性〜弱アルカリ性、軟水〜中硬水
  • 光量:2〜3灯
  • 二酸化炭素:少量添加する(2秒1~2滴)

ハッキリ言って、かなり適用環境は広い。

 

我が家の60cm水槽で導入していないのは二酸化炭素と、光の問題だな。

この辺りは前にも書いたんだけどねー。

 

いまの所、ヒョロヒョロと上に伸びるだけの状況だから、明らかに光が足りていないんだと思う。

14WのLED1灯では、やはり無理があるのか……。

 

ライトの導入検討をする

今のところの選択肢は以下の2つ。

コトブキ kotobuki フラットLED 600 60cm水槽用照明・ライト 関東当日便

価格:5,894円
(2014/10/16時点)

こいつの2灯体制にするか……。

ニッソー カラーライト600 2灯式 50Hz用 【05P12Oct14】

価格:3,456円
(2014/10/16時点)

ニッソー カラーライト600 2灯式ライト 60Hz用 【05P12Oct14】

価格:3,456円
(2014/10/16時点)

こいつを導入するか、で迷ってる。

 

迷っている理由は幾つもあるんだけど、1つはコストかな。LEDを2つというのはちょっと今のところ難しい感じがするから、価格的にはニッソーのカラーラーイトが良いと思ってる。

でもねー、これって水槽のメンテとか、お魚に餌をあげるときにどーなのよ、と。

ライトのリフトアップなんて方法をとる人が多いのは、熱対策以外の理由もありそうだな。

 

あとねー、もう一つ気になるのが、消費電力。ニッソーのカラーライトは20Wが2灯で40Wなんすよ。かなりの明るさと引き替えにそれなりの電気代を支払う必要が(とはいえ、6時間点灯で月200円弱と、そんな感じ。

明るさとしてはことぶきのLED14Wをもう1つ追加で、割と足りそうな予感もするわけで。

どーしたもんかね?

 

二酸化炭素は……

あとは、二酸化炭素なんだけど……、水草を本気でやるわけでも無いし、ちょっと敷居が高いんだよなー。

テトラ CO2 キット 《小型水槽用:30cm~60cm水槽用》

価格:1,288円
(2014/10/16時点)

こーゆーのを試して見る選択肢はありだと思うんだけど、さて、どうしたものかな?

今の水槽内の生体

水槽

魚類

水草類

30cm水槽

ザリガニ : 1匹
ヒメダカ(稚魚) : 2匹
ミナミヌマエビ? : 1匹

アナカリス

40cm水槽

破棄

破棄

60cm水槽

アカヒレ :6匹
ミナミヌマエビ :1匹
チェリーレッドシュリンプ :2匹
ヤマトヌマエビ: 10匹
チェリーバルブ :2匹
コリドラス・バレアトゥス :2匹
コリドラス・パンダ:3匹
クーリーローチ:3匹
オトシンクルス : 4匹
ゼブラオトシン: 1匹
アベニー・パファー : 2匹
ネオンテトラ : 7匹

アヌアビス・ナナ
アマゾンソード
ハイグロフィラ・ポリスペルマ
オーストラリアン・ノチドメ

 

コメント