アオミドロ対策にレッドチェリーシュリンプを派遣

いや、実際のところ、殆ど趣味なんだけれども(苦笑

前にアオミドロ発生!みたいな記事を書いたんだけど、チェリーさん達はそれの対策用なんだな。

苔とりならばヤマトヌマエビを

本来は、コケ取り能力の高いヤマトヌマエビを派遣すべきなんだけど、ヤマトさん達は水槽の中で増えないんだよねー。

ヤマトヌマエビ 10匹セット

新品価格
¥520から
(2014/10/7時点)

それに、彩り的にどうしてもヤマトくんは地味なんで、水草に生えない感じが……。

一方、ミナミヌマエビはコケとり能力的には低いけど、どんどん増えてくれる可能性はある。

今のところ、アオミドロが劇的に増えている感じでは無いので、ミナミさんもありっちゃあり。ちなみに、戦力差的には「ヤマトさん」:「ミナミさん」=「4:1」くらいの印象っぽい。

でも、ミナミさん爆殖は経験したし、やっぱり彩り的にNG。

 

なので、折角ならば色目のきれいなチェリーさんに増えてもらいたい。

そんな訳で、少々高いけどレッドチェリーシュリンプを導入することに。

レッドチェリー シュリンプ(約1.5cm)<3匹>[生体]

新品価格
¥454から
(2014/10/7時点)

本当は、更にお値段の高いルリーシュリンプ辺りが欲しかったんだけどな……。

ルリーシュリンプ 3匹セット

新品価格
¥1,461から
(2014/10/7時点)

先頃、チェリーさんを大量に導入して、殆ど死なせてしまった模様なので(死体は確認していない)、イマイチ躊躇している感じ。

チェリーさんが増える用になったら、ルリーさん達をお迎えするのはありかも?

サイアミーズ・フライングフォックスには縁が無かった

本当は、サイアミーズフライングフォックスも増やす予定だったんだけど、こちらは買いに行ったお店に無かったので断念。

サイアミーズフライングフォックス<5匹>[生体] [その他]

新品価格
¥735から
(2014/10/7時点)

今回は縁がなかったということで。

彩りが地味なので、お店に敬遠されたって事かな?

 

……ま、アオミドロ対策としての効果はそれ程期待していない(苦笑

今の水槽内の生体

水槽

魚類

水草類

30cm水槽

ザリガニ : 1匹
ヒメダカ(稚魚) : 2匹
ミナミヌマエビ? : 1匹

アナカリス

40cm水槽

破棄

破棄

60cm水槽

アカヒレ :6匹
ミナミヌマエビ :1匹
レッドチェリーシュリンプ :12匹
ヤマトヌマエビ: 10匹
チェリーバルブ :2匹
コリドラス・バレアトゥス :2匹
コリドラス・パンダ:3匹
クーリーローチ:3匹
オトシンクルス : 4匹
ゼブラオトシン: 1匹
アベニー・パファー : 2匹
ネオンテトラ : 7匹

アヌアビス・ナナ
アマゾンソード
ハイグロフィラ・ポリスペルマ
オーストラリアン・ノチドメ

 

コメント