外部フィルターのお掃除

エーハイム2213の掃除
使用を始めて1ヶ月でフィルタの中身を掃除してみたが、殆ど汚れてはいなかった。
今は、スポンジフィルタを追加しているので更に汚れは少ないとは思われる。
新品価格
¥1,730から
(2014/10/9時点)
そうそう、前回書き忘れたが、テトラのスポンジフィルタを使う場合はP2がオススメである。
水槽内の場所をとるし、見た目が余り宜しくないから、できるだけ敬遠したいところだけれども、2つあると、片方ずつ清掃できるメリットが。
水替えやフィルタ掃除を行うと、少なからずバクテリアに対してダメージを与えることになるので、片方ずつ掃除するのが基本である。

で、話は逸れたけれども、2213の掃除はホース部分の掃除と、フィルタ部分の掃除がある。
ホース部分の掃除
実は、ホース内部には藻が蔓延りやすいようで。

我が家のホースの内側も何やら既に汚れている模様。
新品価格
¥382から
(2014/10/9時点)
こういったアイテムで清掃が可能なのだが……、ホースを掃除する場合には、結構大掛かりな作業が必要となってしまうのがネック。

紹介したホースクリーナーブラシ、それ自体は割と使い勝手は良いのだが、ホースを掃除するのにフィルタのホースを全てバラバラにする必要があるのが何とも(涙
一回だけやってみたが、ホースの中はすっきり綺麗!
でも、フィルターを組み立てて口で吸うところからまた再開ってのがorz
新品価格
¥1,770から
(2014/11/25時点)
スターターがあれば、そんな時便利なんだけどね。
フィルタ部分の掃除
フィルタの掃除は、それほど難しくはない。
モーターヘッド部分を外して、バラバラにして、中身を水槽の水で洗う、とそれだけだからだ。
はじめてやった時はモーターヘッドが外れなくて苦労したけど、何の事はない、ホースのダブルタップを閉にしていて、空気が入らなかったから開かなかっただけというorz
ケーシング
こいつは、フィルターのケースなんだけれども、最初の1月でこの程度の汚れだった。
メック
こちらはエーハイムサブストラットプロ。同じく1月程度ではこの通り。
フィルタスポンジ
こちらはフィルタ。
実のところ、一番汚れていたのはフィルタである。1月でこの有り様。

理屈から言えば、最初は物理濾過が汚れるから当たり前なのだが、写真に写っていない荒目のフィルタが一番汚れていた。
そうそう、あと、茶色くなってしまっている細目のフィルタだが……、コイツは早めに交換したほうが良さそうである。
新品価格
¥750から
(2014/11/25時点)
純正はこの通りのお値段なので、社外品を選ぶのも有りだろう。
こまめに替えるのが一番だな。

ちなみに、水槽を立ち上げてから外部フィルタを掃除したのはたったの2度。それでも今のところ調子は全く落ちてはいない。
外部フィルターはメンテナンスの回数が少なくて良いのは嬉しいね。ただ、やるとなると大掛かりだけど(汗
今の水槽内の生体
水槽
魚類
水草類
30cm水槽
ザリガニ : 1匹
ヒメダカ(稚魚) : 2匹
ミナミヌマエビ? : 1匹
アナカリス
40cm水槽
破棄
破棄
60cm水槽
アカヒレ :6匹
サイアミーズ・FF :2匹
レッドグラミー :2匹
チェリーレッドシュリンプ :10匹
ヤマトヌマエビ: 20匹
チェリーバルブ :2匹
コリドラス・バレアトゥス :2匹
コリドラス・パンダ:3匹
クーリーローチ:3匹
オトシンクルス : 4匹
ゼブラオトシン: 1匹
アベニー・パファー : 2匹
ネオンテトラ : 7匹
アヌアビス・ナナ
アマゾンソード
ハイグロフィラ・ポリスペルマ
オーストラリアン・ノチドメ



コメント