60cm水槽の水替え頻度は減っているけど

去年末あたり、苔に悩まされていた60cm水槽だったが、現状は落ち着いた模様。

とはいえ、何か新しい対策をしたって訳じゃ無いんだけどね。

苔との戦い

えーっと、先ずは前の記事を紹介しておこう。

8月に60cm水槽を立ち上げて半年近くになるが、立ち上げ2ヶ月目くらいからアオミドロと思われる緑色の糸状の苔が大量に繁殖するようになった。

アオミドロ発生のトリガーはよく分からないが、気がつくとあっちもこっちも苔だらけという日々が続いて結構ウンザリしていたのは事実だねー。

生体兵器を導入する

そういった事情もあって、レッドチェリーシュリンプやヤマトヌマエビ、サイアミーズなどを次々と投入した。

 

スマホの故障もあって、現在写真を載せられない状況なのだが……、生体兵器のお陰か、最近はアオミドロの猛威は落ち着いているみたい。

 

とはいえ、折角なので生体兵器達の近況などをお伝えしていこう。

レッドチェリーシュリンプ

▼レッドチェリーシュリンプ(約1.5cm)<6匹> 【水槽/熱帯魚/観賞魚/飼育】【生体】【通販/販売】【アクアリウム】

価格:389円
(2015/1/8時点)

殉職(涙)

えー、笑いごとではなく、既にお伝えしたけど30匹近く投入したレッドチェリーシュリンプたちは、このほど見事に1匹も見当たらない(時々それらしき姿を1匹だけ見かけるが)ので、捕食されたのだと思われる。

 

ヤマトヌマエビ

(エビ・貝)ヤマトヌマエビ(10匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

価格:550円
(2015/1/8時点)

調子にのって20匹ほど投入したが、順調に生息している模様。

コリドラス用に餌を落とすと、さっさと持ち逃げする位には元気だが、よく見ると苔をツマツマしているようなので、期待した仕事もやってはいるようだ。

ただ、コイツラは大量に導入しないことには効果は期待出来ない。30匹くらい投入しても問題は無さそうだね。

 

サイアミーズ・フライングフォックス

(熱帯魚)サイアミーズ・フライングフォックス(4匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

価格:907円
(2015/1/8時点)

意外に入手に苦労したが、コイツが一番大きくなった(笑)

と言う事は、一番仕事をしていると言う事でもあるようだ。3cm前後の小さな個体を買ったはずなのに、既に6cmオーバー。

大きくなると、苔とり能力が落ちるという話もあって、今後がどうなるかはよく分からないが……、まあ、結構可愛いから良いとしよう。

 

あ、石巻貝さん3匹も、なんやかんやと活動はしているようなんだけど、成果は今ひとつの模様。

 

苔との戦いはどうなったのか?

んでまあ、結論は最初に書いたように、そこそこ戦果が上げられたようで、生体兵器投入以外はほとんど何もやっていないのだけれど、今は少し収まったという感じかな?

でも、2週間もすればかなり苔が目立つようになるので、十分な効果とは言えないかも。

 

あと、生体兵器達以外にも、苔に対して影響があると思われるのが、わさわさと育っているハイグロフィラ・ポリスペルマの影響。

結局、苔も水草も養分の奪い合いをやって生きているので、水草が消費する有機物の量が多くなれば苔は生えにくくなる。

 

照明を追加してやればもっと良いんだろうけど……。

今のところちょっと手が回っていないので、その辺りは又後日と言うことで。

今の水槽内の生体

水槽

魚類

水草類

30cm水槽

ザリガニ : 1匹
ヒメダカ(稚魚) : 2匹
ミナミヌマエビ? : 1匹

アナカリス

40cm水槽

破棄

破棄

60cm水槽

アカヒレ :5匹
サイアミーズ・FF :2匹
ヤマトヌマエビ: 20匹
チェリーバルブ :2匹
コリドラス・バレアトゥス :2匹
コリドラス・パンダ:3匹
クーリーローチ:3匹
オトシンクルス : 4匹
ゼブラオトシン: 1匹
アベニー・パファー : 2匹
ネオンテトラ : 7匹

アヌアビス・ナナ

アマゾンソード

ハイグロフィラ・ポリスペルマ

オーストラリアン・ノチドメ

コメント