ザリガニさんがお亡くなりに

思えば、このザリガニさんが家に来たから僕のアクアライフがスタートした。つまり、我が家に水槽をもたらした存在といえるんだけど……、最近は扱いがぞんざいだったからなぁ……。

もうちょっと、大切にしてあげるべきだった。

不遇のザリガニ君

最初の記事は、こんな感じだった。

割と飼育する人の数もいるようで、ネットやペットショップではこんな感じのザリガニも売られている。

(エビ・貝)白ザリガニ Sサイズ(1匹)

価格:831円
(2015/1/20時点)

(エビ・貝)青ザリガニ Sサイズ(1匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

価格:867円
(2015/1/20時点)

だけど、ウチのはそーゆーんじゃなくて、近くの川で捕まえたアメリカザリガニだった。

金魚のお部屋ブラックS GF-BLK

新品価格
¥1,200から
(2015/1/20時点)

彼の住み家は、最後までこの30cm水槽セットで、1年目は脱皮を繰り返してすくすくと成長したんだけれど、2年目に突入した去年の夏は1度も脱皮をしなかった。

成長して親ザリガニになったので、脱皮の回数が少なくなったのは間違い無いのだろうけれど、それでも食が細ってあまり食べていない様子だったのは気になる。秋口にあまり餌を食べなかったので、気にはなっていたのだが……。

最後は、多分餓死だったのだと思う。

 

餌のやり忘れなどもあったが、それよりも30cm水槽で尚かつ隠れ家になるような場所に乏しかったのが大きな問題だったのだと思う。

ストレスフルな環境が、ザリガニにとっては寿命を縮める要因になったのだと、そう思う。

 

ネオンテトラもお亡くなりになる

実は先日、ザリガニとは別の水槽にいるネオンテトラも1匹☆になってしまった。

(熱帯魚)ネオンテトラ(10匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

価格:549円
(2015/1/20時点)

価格は安いけれど、とても見栄えのする魚で、餌にも水質にも煩くないんだけれど、ちょっとしたミスが原因だったような気がする。

 テトラ1

ピントが合っていないが、こちらは40cm水槽にお住まいの時の写真。

この頃には随分ふっくらとしていたんだけど、60cm水槽に写ってからは更におでぶに(涙

で、「ミス」なんだけれど、これについては又新たに記事に書こうとは思うんだけど……、水槽の掃除をした後にヒーターを入れ忘れてしまったorz

翌朝になって、魚の動きが鈍いことに気がついて、慌ててヒーターを入れたのだけれど……。その翌日には、テトラさんはお亡くなりに。

死因は、やっぱりストレス性のものなんだと思う。

 

生き物を飼っているんだ、ということを忘れかけていた気がするけど、こうした出来事が起こると、改めてそれを実感する。

反省しないと。

今の水槽内の生体

水槽

魚類

水草類

30cm水槽

破棄

破棄

40cm水槽

破棄

破棄

60cm水槽

アカヒレ :5匹
サイアミーズ・FF :2匹
ヤマトヌマエビ: 20匹
チェリーバルブ :2匹
コリドラス・バレアトゥス :2匹
コリドラス・パンダ:3匹
クーリーローチ:3匹
オトシンクルス : 4匹
ゼブラオトシン: 1匹
アベニー・パファー : 2匹
ネオンテトラ : 6匹
ヒメダカ : 1匹

アヌアビス・ナナ

アマゾンソード

ハイグロフィラ・ポリスペルマ

オーストラリアン・ノチドメ

 

コメント