小型水槽を立ち上げてみようと思う

今まで、30cm水槽 → 40cm水槽 → 60cm水槽とやってきて、実感として一番維持が楽なのが60cm水槽だ。

 

30cm水槽は水質安定に苦心したし、40cm水槽はスネールとプラナリアの大量増殖に泣いた。

60cm水槽はコケが出まくりなところを除いては、今のところ順調である。外部濾過のお陰かもしれないが。

思うに、水槽維持が楽なのは、「慣れてきた」ことと「水量の多さ」に救われている部分はあるのだと思う。

それでも小型水槽を

それでも敢えて小型水槽に手を出そうとするには理由がある。

それは、水草メインでエビを飼おうと計画しているからだ。それも机の上で、である。

水量が多い方が楽なのは分かるが、水替えの際に大量に水を使うのは結構ストレスになる。せめてもうちょっと水替えが楽になったらなぁ、というのは僕のワガママなのだろうけど。

小型水槽は水質の維持が面倒

ちなみに、どれくらい小型の奴を狙っているかというと、ボトルアクアに準じる程度の大きさである。

つまり、水質がピーキーで維持が面倒なレベルの話。

ただ、メインの60cm水槽があるので、ここのを種水にしてやればそれなりの維持が出来るんじゃ無いかという、淡い幻想は抱いている。

 

小型水槽は水温の管理が面倒

後は、水温の管理がかなり面倒ってところが問題と言えば問題かと。

何しろ、今計画しているのは20cmキューブ、つまり7~8L程度の水量しか無い。60cm規格水槽は60L近くもの水量を誇り、これに更に外部濾過で安定した濾過を実現している(+3L位の余裕がある)ことを考えると、その余裕の無さはかなり不安である。

 

だがしかし、水温水質に関しては水草メインで考えていくのであれば、それ程大きな変動を気にしなくて良いと思われる。

 

先ずは水槽を

そんな訳で、ご託はともかく実際にどんなラインナップが行けそうかを考えていきたい。

まあ、一番無難そうなのが20cmキューブ水槽である。

ただ、水量が7L程度とやや心許ない。

次に25cmキューブ水槽。水量は15Lまで増える。

ただ、大きくなると占有スペースも広くなると言うデメリットがあるので、ちょっと考えものだ。

そこで、ちょっと変則的な22cm×22cmで高さが26cmというタイプ。水量は9Lだ。

小型で高さがある水槽というのはちょっと面白そうだが、レイアウトなんかを考える上では色々とセンスが問われそうだ。

高さでカバーするのであれば15cm×15cm×24cmというのもなかなか面白そうだ。だが、5Lという水量はかなりシビアになりかねない。

照明装置

小型水槽だと、とにかく照明装置も選択肢が少ない。

照明を自作しても良いが、小型になればなるほどやれる幅が狭くなる。20cm水槽程度であれば、こうこれ以外の選択肢はあまりないと思われる。

30cm水槽であればこちらも推せるのだが、幅が35cmあるのに20cm水槽にこれ、というのはデザイン的にアウトだ。

いや、幅26.5cmのコイツであれば、20cm水槽ならギリいけるか?

 

濾過装置

さて、小型水槽で問題になるのは寧ろ濾過装置だ。

水草メインで考えれば、濾過は殆ど必要ない……と言いたい所なんだけど、エビさんを住まわせることを考えると、多少は真面目に考える必要がある。

お手軽さから行けばコイツが良さそうだが、しかし、60cm水槽でも使っているんだけど、とにかく水槽内で存在感が半端ないんだよねぇ。

安定のエーハイムさんも候補の1つではあるが、60~300L/hも流量があると洒落にならない。流量を最小に絞って60L/hにしたところで1分間に1Lの水が吐き出されるわけだから、5Lの流量の水槽に使おうものならとんでもないことに(汗

30cm水槽レベルならアリだと思うけど、それ以下となるとねぇ。

それに、水槽に比べて本体がデカすぎるのもネックである。

こいつは比較的吐出量の少ない外部フィルターだが、それなりの値段なので手は出しにくい。

とすると、今まで採用実績の無かった底面フィルタというのはアリかも。

ただ、水草水槽と相性が悪いのがネックなんだよねー。

本日はここまで。

今の水槽内の生体

水槽

魚類

水草類

30cm水槽

破棄

破棄

40cm水槽

破棄

破棄

60cm水槽

アカヒレ :5匹
サイアミーズ・FF :2匹
ヤマトヌマエビ: ?匹
チェリーバルブ :2匹
コリドラス・バレアトゥス :2匹
コリドラス・パンダ:3匹
クーリーローチ:3匹
オトシンクルス : 4匹
ゼブラオトシン: 1匹
アベニー・パファー : 2匹
ネオンテトラ : 5匹
メダカ : 1匹

アヌアビス・ナナ

アマゾンソード

ハイグロフィラ・ポリスペルマ

オーストラリアン・ノチドメ

コメント