ヨーロッパイエコオロギを飼うには

何が悲しゅうて……。

あー、苦手な方はご容赦を。

水槽の中に増えたイキモノ

我が家のラインナップは、水槽の中身としては大して変わっていない。

まあ、死んでしまって純減ということはあるのだけれど、割と水質も安定しているようなので、死んだ魚もそれ程多くは無い。

 

で、我が家の水槽の仲間達が昆虫を食べるか?というと、それは違う。

実は、息子がカエルとカナヘビを捕まえてきて、飼いたいとか言い出したのだ。

ツチガエル

捕まえてきたウチのカエルは、水田にいる奴だった。

tuti2

こんなのだったが、今は30cm水槽の中に棲んでいる。ただ、足場が殆ど無いので、僅かに水面に出た流木の上にじっとしていることが多い模様。

カナヘビ

ニホンカナヘビ、というらしいよ。

Fotolia_23997074_Subscription_Monthly_M-e1459503699386

大抵、「トカゲ」呼ばわりされる訳だが、ニホントカゲとはまた違う。いずれにせよ、本州でもメジャーなトカゲだ。

こちらは飼育用のプラケースの中に棲んでいる。

 

で、彼らは動く昆虫を主食としているわけで。

息子達と毎朝のように近所の公園で餌を探していたのだが、最近は少し涼しくなってきたのか、バッタなどを見かけなくなってきた。

冬になればもっと餌探しは難しいだろう。

 

ヨーロッパイエコオロギについて

餌用の昆虫として有名なのが「イエコ」ことヨーロッパイエコオロギと、「フタホシ」ことフタホシコオロギだ。

その他に、デビュアとかレッドクローチとかハニーワームとか色々いるんだけど……、色々と一長一短がある。

 

イエコとフタホシに関して言えば、イエコの方が一回り小さくて丈夫なのだが、乾燥には弱いらしく水を切らすと直ぐに絶滅の危機に瀕するようだ。

ちなみにコオロギは共食いすることでも有名だが、イエコやフタホシは共食いしにくい性質があるようだ。

……実際は、共食いするらしいけどね。

飼育ケースを用意しよう

取り敢えずは飼育ケースを手に入れよう。

こんなのでも良いが、出来るだけ目が細かい方が良い。

こういうのが良いと思うぜ。

床材は?

床材は使わない方が良いらしい。

……これは、掃除をする手間の関係で使わない方が掃除がし易いという簡単な理由なのだが、イエコを飼う場合、どうしても「餌用」という観点から高密度で飼うことになる。そうなると尿や糞の処理も結構大変なことに。

 

自然環境であればこれを分解する微生物だとかそういう話になるのだが、数が増えると追いつかない。

 

ただ、プラスチックケースの表面はつるつるなので、イエコが歩きにくいという問題点がある。これを解消する為に、新聞をとっている家ならば新聞紙を使おう。

が、新聞紙が使えない場合には、こういうアイテムもありだ。

割と、イエコ飼育にはメジャーである。重ねて入れれば、立体的な足場になるのでオススメ。

水場を用意しよう

イエコは水が切れると早々に息絶えてしまう様で、水場は必要である。

だが、水を入れた容器を用意すると、溺れてしまうことも珍しくないようで。

我が家ではこんな容器に保水性のある脱脂綿を突っ込んである。

こんなのがあると便利だ。ドラッグストアに売っているよ。

後は赤玉土とかでも良いそうな。

お弁当のカップごと撤去できるので便利だよ。

産卵場所も用意する

イエコを増やすつもりならば、産卵場所も用意すると良いようだ。こちらについてはまだ未体験なので、オススメとまでは言えないのだけれど……。

カナヘビ用の床材に用意した腐葉土をプラスチックの小さなケースの中に入れてちょっと湿らせた環境しておいてある。

これで産卵する模様。

えさ場

イエコは何でも食べるらしいので、屑野菜などを用意すれば十分なのだが、魚の餌とかでも大丈夫な模様。

我が家は、イエコ達が一体何を食べているのかよく分からないのだが……、案外腐葉土とか囓っている可能性はありそうだ。

 

ただ、何れにしても腐ると大変なことになるので、こちらもお弁当のカップなどで専用のえさ場を用意しておくことをオススメする。

常に清潔な環境を用意して上げれば、臭くはならない模様。

 

脱臭剤

まあ、それでもわりと掃除は疎かになってしまうので、我が家では炭を中に入れてある。

ホームセンターなどでも安く売っているので、探してみると良いだろう。

は虫類を飼うために餌を飼う羽目に

まあ、そんな訳で、は虫類を飼うために餌を飼っているわけだが……、餌のために餌を用意しなくてはならないと言う本末転倒な……。

爬虫類を飼うためには、仕方が無いよね。

 

今の水槽内の生体
水槽
魚類
水草類
プラケ
ニホンカナヘビ:1匹
 
40cm水槽
金魚 :5匹
ハイグロフィラ・ポリスペルマ
60cm水槽
サイアミーズ・FF :1匹
チェリーバルブ :1匹
コリドラス・バレアトゥス :2匹
コリドラス・パンダ:2匹
クーリーローチ:2匹
オトシンクルス : 1匹
アベニー・パファー : 3匹
シルバーチップ : 8匹
リネロリカリア・ランケオラータ :1匹
アヌアビス・ナナ
アマゾンソード
ハイグロフィラ・ポリスペルマ
オーストラリアン・ノチドメ

コメント